セルフで水道修理や部品の取り付けをする際の注意点

DIYブームによりちょっとした家の修理を自分で試みる人も増えました。水道修理も簡単な作業は自分で直せる場合があります。ゴムパッキンや蛇口の取り付けは道具と工具が揃っていれば安く修理できます。しかし自分で直そうとして失敗し、被害が拡大する恐れもあることを忘れてはなりません。

■自分で水道 工事をする危険性

蛇口の交換は部品を買い間違えると、きちんと行えません。隙間ができたら水漏れを起こす原因となり、部品代も無駄になります。ネジを閉める時にネジ穴をつぶす可能性もあります。またナットを強く締める行為もよくありません。ナットの締めつけは圧迫力が加わり、蛇口やパイプを破損させる原因となるからです。
さらに給水管や排水管などのパイプは時間の経過と共に弱くなるため、蛇口交換の際に割れる可能性があります。シンクも割れやすいので気を付けてください。

■水道修理の時に気を付けること

蛇口の部品をホームセンターで購入する際は、品番を調べ同じ規格のものを購入しましょう。ネジの開閉はドライバーを押しながら回すとネジ穴がつぶれにくくなります。ナットを締める時は水を流しながら行い、水漏れがしない程度に調節すると安心です。
パイプやシンクを割らないよう慎重に作業を行うことも大切です。もしパイプが割れた場合、水道修理業者を呼びパーツを交換してもらうか、溶接してもらうことになります。シンクの割れが小さい時は、シーリング剤で対処できる場合もあります。

■まとめ
水道修理を自分で行う場合は経験がなければ間違って取り付けてしまう可能性があり、自己流で直すのはおすすめしません。水のトラブルが悪化し、はじめから水道修理業者に依頼した方が安く済むケースもあります。どうしても自分で直したい方は、DIY教室に通うかあらかじめ作業内容をよく調べて行うことをおすすめします。また水道修理に詳しい方と一緒に行うと良いでしょう。不安な点が多数ある場合は素直に業者へ依頼をした方が安心できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ