水道のパッキン交換に関する修理方法

水道のパッキンが古くなると水漏れを起こすリスクが高まるため、交換をしなくてはなりません。自分で交換をすれば費用を安く済ませることができます。水道の蛇口には主に2種類のパッキンが設置されており、ホームセンターや100円ショップでも販売されています。同じサイズの物を購入し正しく取り付けることが大切です。

■パッキンとは何か

パッキンはお弁当箱の本体と蓋などにもついているゴムでできたパーツで、液体の漏れを防ぐ役割があります。密着させるために使われるため、工業的にはシールと呼ばれることもあります。何度も取り外しを行う箇所やひねる動作が加わる部分に使用され、消耗するとゆるくなり交換が必要で、寿命は約10年とされています。水道の使用量が多い場合や取り付け方法を間違えると消耗が早まりやすいのが特徴です。水道に取り付ける物のサイズは呼び径13mmと呼び径20mmがあり、家庭で使用されているのは13mmタイプが多いです。

■パッキン交換に必要なこと

自分で交換する際は材料費と工具代がかかり、自宅に工具がある場合は材料費だけで済みます。材料費は数百円で済む場合もあります。接合部分のナットはモンキーレンチがあると便利です。混合水栓のハンドル部分は、プラスとマイナスのドライバーで外せることが多いです。
水道修理業者に依頼した場合は、他の部分の点検も行ってもらえます。水漏れはパッキン以外で起きている可能性も考えられるので、的確に直したい人は水道修理業者に依頼すると良いでしょう。

■まとめ
パッキンが原因で起きる水漏れが軽度の時は、水がポタポタ落ちる程度の症状で済みます。しかし水漏れが酷くないからと放置していると症状が悪化し、蛇口の形が変わる恐れもあるので、蛇口 交換などが必要になります。軽症のうちは修理費用を安く済ませられるので、異常が見られたら早めに対処をしてください。パッキンを交換しても直らない場合は、その他の部分で水漏れを起こしている可能性があるので、水道修理業者を呼ぶことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ