水道修理や工事の依頼方法や注意点

水のトラブルが起きた時は、自分で修理するか水道修理業者に依頼し直すことになります。大きな工事は自分では行えないので、業者に依頼する必要があります。場合によっては水道局が修理や工事を引き受けてくれるケースもあります。業者に依頼する際は、トラブルなく安全に修理してもらうための注意点も確認することが大切です。

■水道局が担当する水のトラブル

メーターから建物までの水道など、個人が所有する敷地内で水のトラブルが起きた時、修理費用は自己負担となる点について知っておきましょう。給水管からメーターまでのトラブルは水道局が請け負ってくれるケースもあります。水道局が水道 工事を担当する基準は、トラブルが起きている場所に対する道路からの距離やメーターの直径幅が関係する自治体もあります。工事によるトラブルも水道局が請け負ってくれることもあるので、気になる時は電話で確認するとよいでしょう。

■業者へ依頼する時の注意点

工事をプロにお願いする際は、自治体が指定している水道修理業者を選んでください。電話で水のトラブルの状況を詳しく説明し、希望する作業内容を伝えるようにします。事前見積もりをとって、作業内容と費用を確認し納得できたら工事をお願いしましょう。見積り作成の費用は業者によって違うので、費用を抑えたい人は無料見積もりをしている所を選ぶのがコツです。作業内容やアフターフォローの説明も、きちんと確認することが大切です。

■まとめ
複数の業者で見積もりを作成してもらい料金を比べると安心です。しかし急な水のトラブルが起きた時は、複数の見積もりをとってもらう時間や余裕がありません。事前に自治体が指定している水道修理業者を調べておくと、慌てずに修理を済ませることができます。中でも口コミの評判がよく、スピード対応をしている業者がおすすめです。知名度や実績も一つのチェック項目となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ